注目キーワード

韓国、ソウルのアパートって?家賃は?韓国でひとり暮らしをするなら?

韓国でアパートと呼ばれている住まいはマンションです。

日本では一人暮らしといえばアパートを探しますが韓国ではアパートというと日本でいう3LDK,4LDKのファミリータイプのマンションの事を言います。

韓国のアパートの相場は地域によって全然違いますが、日本人留学生が集中するソウルの新村周辺のアパートの販売価格は新築なら10億ウオン以上。中古でも最近は5億ウオン以上します。今ソウルは不動産バブルです。中古でも値段はどんどん上がっていきます。

家賃を払って賃貸で借りるとすると、保証金は5000万ウオンは必要で家賃も広さによりますが100万ウオン以上します。契約期間も2年は必須になりますし、家具は全くそろってないので、留学生がアパートを契約するのはまず難しいです。

 

ひとり暮らしするための物件 韓国では「ワンルーム」

ひとつの部屋に全てが揃っている部屋を「ワンルーム」(원룸)
キッチンと部屋が区切られているような1K物件は「分離型ワンルーム」(분리형 원룸)です。
2DKや2LDK は「ツールーム」(투룸)です。

ソウル、新村周辺は有名大学の集中する学生街なので、2DKや3DKのような物件より圧倒的にワンルーム物件の数がが多いです。

新村付近のワンルームの相場

  • 保証金500万~1,000万ウオン
  • 家賃50万ウオン以上〈50万ウオンは安い方、60,70,80万ウオンという物件もあります)
  • 契約期間1年

なぜ、保証金が必要か?

  • 家賃を滞納する人
  • 1年契約しても契約期間を守らないで退去しようとする人
  • 部屋のオプション等を壊したり、売ってしまう人

等々上記のような理由から保証人という制度が無い韓国では、賃貸契約時に保証金を受け取らないと、賃貸人(大家)さも安心して部屋を貸し出せないのです。しかし保証金さえあれば、面倒な審査や保証人も必要ありません。家賃さえしっかり受け取れ、迷惑をかける行為などをしなければ、大家さんは特に干渉してきません。

多額の保証金を準備する余裕がない。1年も契約できない

短期滞在でも可能で、多額の保証金が必要ない物件

  • 「下宿」
  • 「シェアハウス」
  • 「コシテル」

ソウル新村周辺は学生街なので、そのような学生向けの短期滞在物件が沢山あります。
コシテルはミニワンルームと呼ばれ、各部屋に専用のトイレとシャワーが備わっています。
シェアハウスは1人部屋や二人部屋で、キッチン、トイレ、シャワー等はほかの人と共用します。
下宿は部屋は1人部屋で、食事が提供されます。(※コロナ禍で下宿の数が急激に減少しています)

 

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
広告
PAGE TOP