ソウル新村、家賃5万円で住める家その3

シェアハウス

ここ数年、韓国でも急激に増えつつある住まいが「シェアハウス」です。
シェアハウスはその名の通り、家をシェアします。家族ではない人と同じ家に住むことです。
玄関、キッチン、トイレシャワー、洗濯機等を共同で使用します。

シェアハウスは本当に沢山あって、マンションの3,4LDK のお部屋をシェアするような物件が多いかと思います。

しかし、掃除の問題や、(月1に業者のクリーニングが入るとあっても月1誰も掃除しないとかなり汚い)ルームシェアなのに家賃が高いなど、意外と落とし穴もあります。

また、トイレ、シャワーは共同になるため、衛生面安全面からも、男女混合のシェアハウスよりは、女性であれば女性専用を、男性であれば男性専用のシェアハウスを選んだ方が良いかと思います。

 

テソン不動産で紹介しているシェアハウスは5万円内で住める物件です。

テソン不動産直営 新村駅近 女性専用シェアハウス

✩2019年10月24,29,12月1日お部屋あきます。

テソン不動産直営 女性専用シェアハウス2019年OPEN

☆2019年10月28日お部屋あきます。

③ルシアホームステイ

こじんまりとした小規模女性専用シェアハウス

上記の4軒とも、食事の提供はありませんが、共同キッチンがあり、調理道具は準備されているので、自由に自炊ができます。お米やキムチ、韓国海苔の提供がある物件もあります。完全1人部屋でルームシェアはありません。

保証金を設定している物件もありますが、あっても家賃1か月分だけですし、家賃も安いと4万円程度、高くても5万5千円程度です。もちろん知らない人との相部屋はありません。

ルームシェアに気を付けて

シェアハウスで調べると「ルームシェア」が多いです。
ルームシェアは部屋をシェアします。1つの部屋に2段ベットがあったり、ベットが2台あったりして、部屋をシェアします。なので家賃も安い事が多く、シェアでもいいか!と思いがちですが、本当に大丈夫でしょうか?
友人とならまだいいですが、基本は知らない人とシェアすることが多いので、プライベート重視している日本人にはかなり気を使う生活になってしまいます。
中にはルームシェアでも家賃50万ウオン前後の物件も多いので要注意です!