毎年1、2月は部屋探しのシーズンの新村

韓国の新学期は日本より1か月早い3月スタートです。そのため大学が集中している新村も 毎年1月くらいから 3月新学期に向けて 部屋探しがシーズンとなります。どの不動産事務所も1,2月、特に2月は韓国人が賃貸物件探しに沢山動き始めます。

シーズン時は家賃を値下げは難しい

シーズン時は募集をかけなくても、部屋の問い合わせがきます。賃貸物件の大家さん達もわかっている事です。そのため、家賃を安くしてもうのは難しいと考えた方が良いです。大家さんからいわせれば「安くしなくてもいずれは入居者が決まる」ので、安くする必要はないのです。この時期は大家さんの立場はとても強いです。

シーズン時は短期契約交渉は難しい

シーズン時に3か月、半年など1年未満の賃貸物件契約交渉は難しいです。
これも上の理由と同じで「わざわざ短期契約を受け入れなくても、いずれは1年、2年契約の入居者が決まる」からです。

保証金値下げ交渉も難しい

これも同じ理由です。新村周辺の一般のワンルーム賃貸の保証金は500万ウオン(50万円ほど)が基本になります。中には1000万ウオン(新築ほど保証金が1000万ウオンのところが多いです)2000万ウオン等の保証金賃貸物件も多いです。韓国では保証人や審査制度がなく、保証金で賃貸契約を保証するため、仮に1年家賃を支払わなくても、家主が決して損をしない制度になっています。
外国人にとってはこの保証金の準備は厳しい事も多いですが、逆に考えると、審査や保証人が必要ないので、保証金があればワンルームのような賃貸物件が借りられます。

保証金が無い物件は下宿、コシテル、ワンルーム下宿、一部のシェアハウスのみ

私の知ってる限りで、保証金がない賃貸物件は下宿やコシテルのような共同物件のみです。最近はシェアハウスも家賃の1,2か月分をデポジットとして預けるところも多いです。私も1,2部屋だけですが、ワンルームタイプの部屋を経営していますが、保証金無しでは絶対に貸し出しません。住人がとても良い人なら問題ないのですが、家賃滞納したり、禁煙なのにたばこ吸ったり(たばこ吸うと壁紙に臭いがつき、壁紙を交換するには2、3万円費用がかかります)トイレをものすごく汚く使ったり(業者を頼んで清掃すると費用がかかります)など、問題が発生したときに保証金が無いと住人は逃げます。そのような事を防ぐために、賃貸者、賃借者お互いが気持ちよく住むためにも保証金は少額でもあるべきなのです。
個人的には下宿やコシテルも保証金があるべきだと思いますが、新村で保証金を預ける下宿やコシテルは無いので、保証金があると下宿やコシテルの入居者が決まらないので、周りと合わせて保証金を設定していないだけだと思います。

新村は学生街のため春の新学期に合わせた2月(2月中旬ー末までに入居)また秋の新学期に合わせた8月(8月中旬ー末までに入居)を抜かしたシーズンOFFは短期値下げ交渉、契約期間値下げ交渉が比較的可能です。
契約期間は時期によりますが、空室の時期を作らなけば良いので、退去日を2月末や8月末に合わせれば、短期滞在も可能です。
しかし短期が可能とはいえ、1か月ごとに入居者が変わるのは家主として面倒くさいため、6か月程度の短期なら受け入れてくれると思います。

短期の場合は下宿やコシテル、ワンルーム下宿、シェアハウスが経済的でおすすめ

ワンルームは光熱費が別だったり、調理道具、布団、家具をそろえたりしなければならず、出費がかさみます。部屋の管理、掃除も全部自分です。その点共同施設のある物件はそろえる物はあまりなく、食費も抑えられるので、短期滞在にはやはり下宿やコシテル、ワンルーム下宿、シェアハウスなどが経済的でおすすめです。