韓国は旧暦の1月1日が休日です。
2019年は2月5日(火)が旧暦の1月1日です。2月5日を挟んで、4日と6日も休日になるので、今年2019年は2月2日土曜日から2,3,4,5,6の5連休になります。

韓国は旧正月がメイン、旅行の日程に気を付けて

韓国では新暦の1月1日よりも、旧暦の1月1日がメンイのお正月です。韓国語で「설날」といい、「설날」は殆どの飲食店がお休みになりますので、旅行に来ても行きたい所が全部閉まっていた。。ということにもなりかねません。1,2月に韓国旅行を考えている方は旅行の日程が旧正月かぶらない方が良いと思います。(日本の大晦日、お正月、1月2日と同じです)しかし、最近は明洞など、観光客が多い地域は 「설날」も 開いているお店も増えてきているようです。

韓国人はソウルから田舎や海外へ。ソウルがガラガラになる

韓国は大都市に人口が集中しているため、その人口の半分以上が地方や海外へ流出します。 そのため、ソウルからプサンへの大動脈「キョンブ高速道路」は毎年必ず大渋滞が起こります。人口の半分以上が流出したソウルはとても静かでそれはそれでいつもとは違う静かな雰囲気になります。

「설날 (旧正月) 」に食べるもの「떡국」モチスープ

설날には떡국を食べます。떡は餅という意味です。日本のお餅ほど伸びはりないのですが、ぷよぷよしていて、美味しいです。

설날(旧正月)は韓国式法事 チェサを行う

チェサとは家族親戚が集まって、亡くなった人を追慕しする儒教式の 習慣で、日本の法事のようなものです。

チェサは午前0時頃に行われる事が多く、お供え物の準備で女性軍は大忙しです。

ただ、これは儒教式の法事なので、キリスト教徒が多い韓国ではチェサを行わない家庭もかなり多いそうです。

チェサを行う家庭もそうでない家庭も(설날旧正月)には親戚が集まって、一緒に食事をし、会話をし、楽しい?時間を過ごします。最近は本家に集まるのではなく、家族で海外旅行に行く事も多いようです。

韓国人のお友達がいるなら、一度旧正月に招いてもらうのも良いかも

(설날)旧正月の行事は、日本とは違うので、一度体験されてみるのもよいと思います。お客様として呼ばれる分には楽しいです。韓国人のお友達がいる方は1度お願いしてみては?韓国人はみんな快く迎えてくれると思いますよ^^