韓国から北朝鮮が見える展望台!その③韓国パジュ市 オドュ山平和展望台

オドュサン平和展望台は 1992年にオープンし現在まで2,000万人以上の人が訪問しています。ソウルから半門店へ行く途中、イムジン川という川が韓国と北朝鮮の国境となっています。そのイムジン川沿いの丘の上にこの展望台があります。丘の上にあるため、展望台からは北朝鮮の土地や集落から韓国側のの高層アパート団地まで一望することができます。
広告

韓国と北朝鮮、両国を見渡せるオドュサン(오두산)平和展望台

韓国坡州市(パジュ市)に位置するオドュサン平和展望台です。

オドュサン展望台から北朝鮮方面
オドュサン展望台からソウル方面
広告

地下1階、地上4階の展望施設

地下1階 子供体験館
1階 展示室
2階 懐かしい私の故郷(展示) 劇場
3階 野外、室内展望台
4階 展望ロビー(カフェ)

 

1階 展示室

朝鮮半島分断の歴史と、統一の未来をテーマに写真が展示されています。

2階 懐かしい私の故郷

2階も展示室です。ここには38度線にでバラバラに分断させられた家族の写真が展示されています。

3階 室内展望室、屋外展望台

室内の展望室と、屋外展望台に別れています。土日には1日2回  13:30 ~ /  15:00~ 30分程解説をしてくれます。

窓から見える北朝鮮の土地(集落)の模型
イムジン川を挟んで韓国と北朝鮮の土地が一番近い場所は、わずか両国の距離が450mしかありません。
展望台のすぐ下の川辺から北朝鮮までは約2,1キロです。

展望室をでると、屋外展望台があり、無料で覗ける双眼鏡が設置してあります。

北朝鮮の方向をむいている望遠鏡。

少し遅い時間に行ったため、川の水が引いていて、通常2100mある北朝鮮と韓国の間の距離は更に近くなっていました。

川の向こう側に見える白い建物は北朝鮮の住宅です。

望遠鏡で見ると、北朝鮮の住民が歩いている姿、牛を引いて歩いている姿などが見えます。

 

右の土地は北朝鮮、左から突き出てる土地は韓国金浦市の土地です。
右側に走ってるいる道路は韓国の道路、左側、川の向こうは北朝鮮の土地

4階 展望ラウンジ

4階はガラス張りの広いカフェがあり、コーヒーを飲みながら北朝鮮を眺められます。

 

広告

アクセス・入場料

 경기도 파주시 탄현면 필승로 369

自家用車の場合、土日は통일전망대셔틀버스(統一展望台シャトルバス)乗り場まで行き、そこでシャトルバスに乗り換えます。

地下鉄3号線ー 대화駅下車(4,5番出口)대하역バス停-900番バスー 통일동산전망대(終点’) 下車ーシャトルバスに乗り換えーオドュサン統一展望台
入場料・観覧時間
区分 大人 学生(小、中、高) 幼児、高齢者
個人 3,000ウォン 1,6000ウオン’ 無料
  3月 4~9月 10月 11月~2月
平日 09:30~16:30 09:30~16:30 09:30~16:30 09:30~16:00
土日祝日 09:30~16:30 09:30~17:30 09:30~16:30 09:30~16:30
毎週月曜日休館

Follow me!

広告
PAGE TOP