韓国での留学。私が留学していたころは円高だったため、家賃を除くひと月の生活費は4万円くらいと、さほどかかりませんでしたが、最近は韓国も物価が上がり、生活費は恐らく4万円では収まらないのではないでしょうか。韓国で留学しているとどんな時にお金を使うのでしょうか。

①ランチ

通常語学堂は12時50分に終わります。13時ちかいですし、授業が終わる頃にはおなかペコペコです。授業が終わってから友達と学食や街中の食堂でランチを食べるのが毎日のパターン。学食は3000ウオンから5000ウオンくらいと手軽に食べられますが、仮に5000ウオンでひと月で100,000ウオンくらいは使いますよね。

②カフェ

韓国はカフェが至る所にあります。カフェ王国です。毎日カフェに通うわけではなくても、友達とおしゃべりしたり、スイーツを食べに行ったりすることも多いでしょう。最近はカフェラテ1杯が4000ウオンから5000ウオンします。ピンス(韓国風かき氷)、ワッフルなどのスイーツは10000ウオン超えることもあるので、決して安くはないですよね。

③生活用品

もちろん毎日買うわけではないですが、韓国はシャンプー、トイレットペーパー、洗剤などの生活用品が日本の倍以上することもあります。購入時に何故こんなに高いのだろうと何か勿体なく感じますが、日本から持ってくると送料や重量が重くて余計お金かかったり、かさばったりするので、やはり現地で購入した方がよいです。洗剤とか下手すると10,000ウオン近くするんですよね。高いです。いや、日本が安すぎるのかもしれません。

④衣服

せっかく韓国に来たのだからやっぱりホンデや東大門へショッピング行かれると思います。安くて可愛い洋服もたくさんあるので、ついつい買ってしまいますよね。

⑤食材費

これが一番大きいでしょう。新村にはグランドマート(2018年9月閉店)ロッテスーパー、ハナロマート、ハーモニーマート、その他個人スーパーもたくさんあり、決して食料品が高い方ではないのですが、やはり日本と比べてしまうと、野菜、生鮮食品等は日本の倍くらい高いです。しかも大量売りが多く一人暮らしの学生さん達には負担になります。でも食べないわけにはいかない。結局食材費に沢山お金を使ってしまいます。

生活費を抑えるにはやはり下宿がオススメ

こうなると、やはり留学中は朝晩食事の提供がある、下宿に住むのが一番の生活費の節約になります。最近は下宿の経営者が高齢になってきているのもあり、だんだんと下宿が少なくなってきてはいますが、まだ頑張っている経営者の方も多いです。下宿は汚いと考える方も多いですが、綺麗に管理されているところも多いです。安い部屋は38万ウオンくらいからあります。平均的には50万ウオン前後でしょうか。家賃、食費、光熱費までいれて50万ウオンなら安い方です。是非お問い合わせください。