韓国ソウルでの家探しは日本の家探しと少し違ってきます。ここでは韓国ソウルでワンルームやマンションのような賃貸物件の家探しについて、知っておくべき事、常識となってることをお話したいと思います。(下宿、コシテルの家探しについては別途記載する予定です)

保証金が多額なのは一般的

家探しの際、韓国ソウルの不動産情報を調べると、必ず保証金(보증금)1000万ウオン、500万ウオン、時には8000万ウオン、1億ウオン以上とびっくりする金額が表示されると思います。最初は驚いてしまうかもしれませんが、この金額は決して騙されている金額ではなく、一般的な金額です。

保証金をかける理由

韓国ソウルで賃貸契約を交わす場合、日本のように審査や保証人は必要ありません。その代りに保証金が必要です。 保証金さえあれば、仕事をしていなくても、学生でも問題ありません。保証金をある程度かけていれば、万が一、1年以内の契約期間内に入居者の希望で退去、または家賃を数か月滞納となっても保証金から家賃が保証されるから大家さんとしてはとても安心なのです。

ワンルームの保証金は500万ウオン、1000万ウオン程度が多い

ワンルームや1Kサイズの一人暮らし用の物件は500-1000万ウオン程度の保証金が条件とされている物件が多いと思います。最近は景気が悪く、ワンルームも沢山空き始めているため、空いている時は保証金が200、300万ウオン程度に’落とせる時もあります。保証金の金額を落とす場合、家賃が多少上がる場合もありす。

ファミリータイプのマンションやビラ物件は保証金1億ウオン超えが多い

ソウルのファミリータイプの3LDKのようなマンション、ビラ、一軒屋タイプは保証金が軽く1億ウオンを超えたり、チョンセの場合は、3億、4億ウオンも多いです。もっと高額も沢山あります。(チョンセとは、多額の保証金を支払い契約期間内家賃が発生しない契約です)

保証金のないワンルーム物件は殆どない

残念ながらワンルームタイプに保証金が必要ない物件は殆どないかと思います。保証金をかけないと、契約期間を決めても逃げるように退去してしまったり、入居者の不注意によっての破損などがあった場合も、保証金がないと、払わないで逃げてしまうこともあります。保証金無しで貸し出すなど、家主にとってこれだけ不安な事はないでしょう。すくなくとも100万ウオン(10万円)くらいは準備しないと厳しいと思います(100萬オン物件も少ないです)どうしても保証金無しで契約したい場合には、契約期間分の家賃を一括などすれば少額の保証金で対応してくれる大家さんもいるかもしれません。

ワンルーム物件の契約期間は基本1年、
チョンセ、ファミリータイプは基本2年

韓国ソウルのワンルーム物件の契約期間は基本的に1年です。1年の契約が可能であれば、選択肢は多くなると思っていただいて大丈夫かと思います。
しかし、半年、3か月など短期になると、断られる可能性も高いです。
全ての判断は大家さん(家主)ですので、時期など条件が合えば、3か月や6か月、9か月など1年以内の短期でも受け入れてくれる事もあります。

家探しの時期は入居希望日の1か月前からが無難

韓国での家探しの時期は希望入居日の1か月前からが良いです。なぜかと申しますと、契約満期で退去でも途中退去であっても、退去日の1か月前まで’に家主へ退去の意思を伝えるルールとなっているため、あまり早い時期に探しても、入居時期に合うお部屋状況がわからず、部屋を見学できない事が多いからです。

家賃とは別に管理費、光熱費の確認

部屋を紹介される際に、保証金◎◎ウオン、家賃◎◎ウオン、管理費◎◎ウオン、光熱費◎◎、◎◎、◎◎別途といういい方をします。
●보증금(保証金)
●월세(家賃)
●관리비 (인터넷포함)(管理費、インターネット込)
●공과금 (가스,전기,수도 별도)(光熱費、ガス、電気、水道別途)
家賃と管理費は別の物件が多いので、家賃50万ウオン、管理費5万ウオンなら、実質は55万ウオンと計算しなければなりません。
また、光熱費は別途になりますが、物件によっては水道代とインターネットは管理費に含まれている物件も多いので、光熱費の何が別途なのかも見学時に把握して起きましょう。

契約時に必要なもの

契約金

契約金は保証金の10%といわれています。
保証金が500萬ウオンなら、契約金は50万ウオンです。この契約金は保証金の一部を先払いするので、入居時までに残りの保証金を家主へ支払います。

本人確認書類

韓国国内での本人確認書類・・外国人登録証、住民登録証、なければパスポート

印鑑はあれば良いが、なければサインで可能

韓国はサイン文化なので、印鑑がなければサインで大丈夫です。

仲介業者に支払う仲介料

悩みすぎると部屋は契約されてしまう可能性大、自分の直感を信じましょう。

部屋を見学してから、あまり悩み過ぎてしまうと、その部屋が契約されてしまう可能性があります。家主にとっても早く契約する人を優先するので、気に入った物件があれば、早めに契約しましょう。