韓国への留学、最近は語学堂の学費もどんどん値上がりし、韓国の物価も高くなってきているので、色々と費用がかますよね。出来るだけ留学費用をおさえたいと思う方が殆どかと思います。私も初めての留学は韓国ではなく、オーストラリアへ行ったのですが、当時は今のように情報もあまりなかったので、どうすれば良いかわからず、結局通っていた英会話学校に丸投げでした。学校の申し込みから、ホームステイの手配まで。なんだかんだで手数料8万円くらい払ったような気がします。しかし実際現地で生活してみると、学校の申し込みは現地で日本人対応のエージェントがいっぱいあるし、シェアハウスの情報もあふれていました。ホームステイのホストはあまりよい人ではなかったし、学校から遠いし。。もっと自分で動けばよかったと後悔しました。その後ワーキングホリデーで再入国したときは、知り合いが出来てたので、とりあえず友人の家に住ませてもらい、飛行機や、短期で通った学校等、全て自分で探し手配しました。

もちろん知り合いもいない韓国へ留学行くのに、すべて自分で手配するのは難しいです。ただ、最近殆どの語学堂や、語学スクールで日本語での申し込みも可能ですし、留学会社に頼んでも、自分で直接申し込んでも、そろえる書類は同じです。違いといえば学費の支払いですよね。留学会社に手配すると、日本国内の口座に振り込みなのに対して、直接語学堂に申し込むと、海外送金しなければいけないので、それがネックですよね。でも郵便局なら4営業日と日数はかかりますが、手数料は2500円程度です。

さて、学校が自分で手配できたとして、問題は住まいです。一番安くつくのは、学校が始まる2,3日前に入国して、自分で歩き回って見つける方法です。韓国人も住まいを探すときは歩き回って探すので、現地人と同じです。しかし、初めての土地を一人で歩き回るのはとても疲れますし、相場など何も知らず、韓国語もできないととても不安です。

なので、たとえ学校の手配をご自分でされた場合も、住まい探しはお任せください。特に滞在費用を安く抑えられるのであれば、断然食事付下宿をおすすめします。下宿は土日を除く平日は朝晩食事が提供されます。下宿での人付き合いが苦手。。アジュンマにいつも干渉されそう。と思う方もいるかもしれませんが、最近は下宿でもプライベートは守られてますし、食事もセルフタイプの下宿も多いです。トイレとシャワーが共同が耐えられない。。という場合は、部屋に個人のトイレシャワーがついてる下宿もあります。しかし、個人の部屋にトイレシャワーがあるということは、自分で掃除しなければなりませんし、綺麗にしてないと、排水溝から臭いが上がってきたりします。トイレシャワーが共同ということは、掃除の必要はないし、部屋が湿気っぽくなることがありません。意外と楽です。トイレシャワーが女性専用だったり、使用する人の割合が少なければ、決して悪くはないと思います。家賃も安くなりますしね。つい最近も6万円くらいで、トイレシャワー付きの部屋を探しに来られた方も、実際見学したら4万5千円トイレシャワー共同食事付下宿を契約されました。実際見学すると、トイレシャワーって部屋に必ずしも必要ないということを認識されたからだと思います。

韓国での留学、費用を抑えるならやっぱり、食事付下宿をおすすめします。