韓国への留学、準備費用を安くおさえたい

広告

留学エージェントに丸投げすると大きな出費

韓国への留学、最近は語学堂の学費もどんどん値上がりし、色々と費用がかます。出来るだけ留学費用をおさえたいと思う方が殆どかと思います。私は初めての留学は韓国ではなく、オーストラリアへ行きました。当時は今のように情報もあまりなかったので、結局通っていた英会話学校に丸投げでした。学校の申し込みから、ホームステイの手配まで手数料8万円くらい払ったような気がします。しかし実際現地で生活してみると、学校の申し込みは現地で日本人対応の日本人の為のエージェントがいっぱいあるし、シェアハウスの情報も街中のジャパレスなどにあふれていました。ホームステイのホストはあまりよい人ではなかったし、学校から遠くとても不便でした。もっと自分で動けばよかったと後悔しました。その後ワーキングホリデーで再入国したときは、知り合いが出来てたので、とりあえず友人の家に住ませてもらい、飛行機や、短期で通った学校等、全て自分で探し手配しました。

語学堂のHPや語学スクールのHPで、日本語で直接申し込める学校も多い。

もちろん知り合いもいない韓国へ留学行くのに、すべて自分で手配するのは難しいです。ただ、最近殆どの語学堂や、語学スクールで日本語での申し込みも可能ですし、留学会社に頼んでも、自分で直接申し込んでも、そろえる書類は同じです。違いといえば学費の支払いです。留学会社に手配すると、日本国内の口座に振り込みなのに対して、直接語学堂に申し込むと、海外送金しなければいけないですが、最近はWISE という安くて早い国際送金があるので個人で直接語学堂や大学の口座に送金するのも楽になりました。レートによって生じる端数なども入学後に返してくれるので多少の金額の誤差を心配する必要はありません。

住まい探しはやはり1人では限界がある

さて、学校が自分で手配できたとして、問題は住まいです。一番安くつくのは、学校が始まる2,3日前に入国して、自分で歩き回って見つける方法です。韓国人も住まいを探すときは歩き回って探すので、現地人と同じです。しかし、初めての土地を一人で歩き回るのはとても疲れますし、相場など何も知らず、韓国語もできないととても不安です。

なので、たとえ学校の手配をご自分でされた場合も、住まいに困った場合には弊社直営女性専用シェアハウス(紹介手数料無し)や綺麗で広いコシテル、大家さんが優しい下宿などが数軒ございます。

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村


韓国ドラマランキング


韓国留学ランキング

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
広告
>直営女性専用シェアハウスドドレハウス

直営女性専用シェアハウスドドレハウス

韓国ソウル地下鉄2号線新村駅徒歩5分 直営で経営している女性専用シェアハウスです。1人1室家賃37万ウオン~52万ウオンまで。リフォームしてあり綺麗なシェアハウスです。

CTR IMG
PAGE TOP