WiFi環境はどの物件も当たり前

今やスマホは当たり前の時代。韓国に留学に来てもスマホさえあればwifiで日本の家族や友達と簡単に連絡が取れます。お客様からのお部屋条件にも必ず「wifi環境あり」というのが入っています。数年前はインターネットとwifiの違いが分からない大家さんが多く、インターネット線〈LANケーブル接続)しかなかった物件が多かったのですが、ご安心ください、さすがに今は下宿もコシテルも全物件wifiがあります。また、カフェなどでもほぼwifiが完備されています。パスワードはお店の壁やレシートに記載されている事が多いです。なので留学している時も韓国の携帯を購入しないで、日本から日本のスマホをそのまま使えます。下宿やコシテルではインターネット代金は家賃に含まれている物件が多く、ネット代金を別途で請求する下宿、コシテルは私の知ってる限りありません。ただ、オフィステルやファミリータイプの物件(マンション、ビラ等)の場合はインターネットは個別で契約しなければならないですので、WiFiも自分でルーターを買って繋げなければなりません。

個人部屋にWiFiルーターを設置する場合は必ず大家さんに許可をとって

下宿やワンルームは物件によっては共用部分にひとつのWiFiルーターがあり、数部屋で共用で使う場合があります。そういう時に部屋のwifiの感度を強くしたいため、部屋に個人でルーターを買ってきて部屋のLANケーブルに繋いで使う方がいるようですが、その場合は必ず大家さんに確認しましょう。物件によってはルーター接続できるケーブル線が決まっているようで、勝手に設置すると物件内のネット回線が全部ダウンしてしまうことがあるそうです。そうなってしまうと、住んでいる全員に迷惑をかけてしまいますし、専門家呼ばないと直りません。原因を排除しないと直らないので、ひとりひとりの部屋に確認が入り、バレると軽く怒られる可能性もあります。

カカオトークアプリは事前にダウンロードを

なお、韓国に留学する前にしておいたほうが良いのは、カカオトークのダウンロードです。日本での「LINE」アプリの様に韓国で当たり前に使われているのが「カカオトーク 」アプリです。韓国では高齢者のスマホ率も高く、下宿の大家さん達もみんなカカオトークを利用しています。留学する前に、日本でカカオトークのアプリをダウンロードしておきましょう。