3月韓国では新学期が始まります。新生活のスタートです。待ちに待った韓国での留学、ワクワクしますね。しかし留学の新生活は揃える物も多く費用がかさみます。

現地で準備するべきもの

ドライヤーやコテなど

韓国と日本は電圧が違うため、日本のドライヤーをそのまま使うと火を吹きそうになります(笑)100-240V対応の海外対応のドライヤーなら大丈夫ですが、そういうのは高いですし荷物にもなりますので、現地で購入された方が良いです。時々、下宿やコシテルで残ってたりすると貸してくれたりもするので、入居時にダメ元でドライヤー余ってないか聞いてみても良いかと思います。ドライヤーは新村でも売っており(ARTBOXなどで)3万ウオンくらい費用があれば良いものが買えると思います。

トイレットペーパー

韓国は紙製品が高いし、質はあまり良くないし。。日本のトイレットペーパーを使いたいですが、何しろ荷物になります。ただでさえ荷物を多く持ってこれないので、最初に使える1ロールだけ持ってきて、残りは現地で購入しましょう。安いと30ロール1万ウオン切る時もあります。でもやっぱり高いですね。。留学生同士で一緒に買って分けるのもよいですね。

布団やタオルなどかさばる物

基本的に留学してる学生さん達が滞在する下宿やコシテル、ワンルームにはベットがオプションでついています。なので、マットレスの上に敷くペッドという薄い敷布団と、掛け布団、枕が必要です。布団も日本の方が質が良いのですが何しろかさ張りますので、現地購入をオススメします。

物件によっては布団を事前に代理購入してくれたり(柄は選べません)、クリーニング代を渡せばレンタル、または無料レンタルもありますので、ご予約時に確認しましょう。タオルを貸出しする物件はありませんので、タオルは各自準備になります。

個人で布団を購入する場合には、新村と弘大の中間地点に工場直送布団屋さんがあるので、遅い時間でなければ当日買ってこれます。お布団購入費用としては春夏秋もの5から10万ウオン程度、冬物10から15万ウオン程度かと思います。

シャンプーリンス洗剤などの液体&重い系

これは個人の好みにもよりますが、特に液体系は重いので、こだわりがなければ現地で買った方が良いかと思います。スーパーで安売りしてるとシャンプー700㎖くらいが5000ウオン前後で売ってることもあります。洗剤は大容量で売ってることが多く日本より割高ですが、必ず使うものですし、重いので現地で購入するのが良いかと思います。

日本からの持って来た方が良いもの

常備薬

普段飲んでる薬などがあればもって行きましょう。ただ、現地で引いた風邪に対する薬は現地の薬を飲んだ方がよく効きます。韓国は市販の薬が安いです。鎮痛剤のタイレノールはアセトアミノフェンの含有量が日本の倍くらいです。

布団カバー

韓国は布団を丸洗いするためカバーをあまり使いません。しかし洗濯機が小さかったり、替えの布団が無く乾くまでに時間がかかるから洗えなかったり、そんなに頻繁に布団を丸洗い出来ないです。布団カバーあまり売ってないので、必要な場合は持ってこられると便利です。

基礎化粧品、洗顔フォームなど

これも好みなので韓国製が好きな方は現地調達でも良いかと思います。私はやはり日本製が好きなので日本から持ってきています。現地でもオリーブヤングなどで日本のも韓国のも買えるのですが、こういうものは高くて費用がかさみますので、留学中は贅沢もできなきので、余裕があれば持って来た方が良いと思います。

ドリップコーヒーやスティックコーヒー

コーヒーはやはり日本の方が美味しいです。韓国のスティックコーヒーは砂糖が大量に入ってて太ります(笑)コーヒー好きな人は是非日本から持って来た方がよいです。

費用を抑えるには現地での日本人同士のコミュニティサイトで中古を買うのもひとつの方法

ソウルナビさんやコネストさん、韓国掲示板さんなどの現地日本人同士のコミュニティ情報サイトでいらなくなったものを売り買いできます。特に語学堂が終わる2,5,8,11月は留学を終えて帰国する人が多くなりますので、安く買うチャンスです。