韓国へワーホリ・留学 日本から持って行くべき物。現地で揃えた方が良い物。

 
韓国へ留学予定
もうすぐ渡韓だけど、何をもっていったらいいんだろう
現地の日本人
色々持ってきたいと思うけど、結構現地で揃えられる物多いよ

車で引っ越せるような距離なら、なるべく支出は控えて、家から持っていきたいですよね。
しかし韓国は海外。飛行機で行くしかないので、持っていける荷物の量は限られてしまいす。

私も最初は日本に帰るたびに日本から色々と持ってきましたが、最近は本当に必要な物しか買ってきません。

いざ韓国へ。重い物やかさ張る物は現地調達

飛行機の預け荷物は15キロから23キロくらいまでです。2つまで預けられる航空会社もありますが、基本は1つのみ預ける事ができると思います。あれもこれもと思って詰め込んでいると、あっという間に15キロは超えてしまいます。特に液体系は重いので現地調達できるものは韓国で揃えましょう。

広告

韓国現地で調達できる荷物

  1. 洗濯用洗剤/シャンプー・リンス・ボディーシャンプー等
    洗濯用洗剤は現地でもすぐに調達できます。最近は韓国のダイソーでもお手軽価格でメーカーの洗剤も置いてありますし、コンビニなどでも購入可能です。シャンプーやリンス、ボディーシャンプーも消耗品ですし液体なので重くなります。やはり韓国で揃えた方が良いかと思います。ダイソー、マート、オリーブヤング等でたくさん売ってます。
    ただ、初日はばたばたしているかもしれないので、旅行用の小さいセットなどを持参し、ゆっくり買いに行ってもいいと思います。
  2. 掃除用洗剤系

    日本で使い慣れてる洗剤を持っていきたい方も多いでしょう。しかし液体なので重くなります。韓国でも掃除用洗剤は意外にも結構そろいます。ダイソーの3000ウォン程の多機能洗剤は結構汚れも落ちるため重宝します。重層を持ってくる人も多いですが重曹はダイソーで買えます。韓国では塩素系洗剤のラクス(락스)という洗剤が有名で、ダイソーでもマートでもどこにでも売られてます。1本買っておくと便利です。

  3. 日本の調味料  醤油、みりん、料理酒、めんつゆ、みそなどの日本の代表的な調味料

    韓国で日本人が自炊をする場合、必ず必要になってくる調味料ですが、全部そろえてスーツケースに入れると、結構重くなります。メーカーなどにこだわりが無い場合には、韓国でも十分調達可能です。特にデパートの地下食品売り場や、Emartなどには、輸入食品も豊富にそろっており、日本で買うより少し割高ですが、持ってくる苦労と、仮に重量オーバーになって追加料金を払わなければならない事を考えると、現地到達の方が安心です。

    「みりん」に関しては韓国の「みりん」(맛미림 )があります。特にこだわりがなければ韓国のみりんでも十分です。料理酒は韓国のお酒「清酒」を代わりに使用できます。

    醤油やめんつゆはキッコーマンの商品が多く売られています。

    日本の味噌やマヨネーズも最近は手軽に買えます。

  4. だし

    ほんだしは液体ではないので、そこまで重くないですが、本だしのかつおだしは結構一般のスーパーやマートでも売られていますので、こちらで購入しても良いと思います。

  5. ドライヤーやコテ

    ドライヤーやコテ
    韓国と日本は電圧が違うので、日本から持ち込む場合、海外対応の製品でなければ使用できません。初日買いに行くのは厳しいかもしれませんが、滞在先が外国人が多い宿泊先(下宿やコシテルやシェアハウス)の場合は、韓国で購入して置いて帰る外国人が多いため、一度レンタル可能ではないかと聞いてみてもいいかと思います。余っていればレンタルや無料貸し出しも可能かと思います。(ワンルームの場合は必ず自分で揃えましょう)

  6. 布団

    布団を日本から持ってくる人はあまりいないと思いますが、布団はかさばりますので、現地調達が良いです。
    布団屋さんが近くにあるかどうか、滞在先に聞いておくと良いでしょう。場合によっては滞在先に布団が余ってたり、代理購入して準備しておいてくれる場合もあります。

    韓国での布団の値段
    春~秋 5万ウオン~
    冬   10万ウオン~※セットの価格 セット⇒枕、敷布団(マットレスの上の敷くマット)

    掛布団レンタルも良いですが、滞在期間レンタル代がいくらかかるか計算し、10万ウオンを超えそうであれば、現地で新しく購入した方が良さそうです。

    布団を買っても退去時に日本に持って帰れない・・捨てたいけどどうしたらいいの?

    韓国は道端に布団や衣類、靴や帽子を捨てるリサイクルボックスがあるので、そこに捨てられます。

    布団の他にも、衣類、靴、帽子、カバン、カーテン、カーペット等を回収しています。
    布団は枕のような中に綿の入っている布団は回収不可能です。枕は燃えるゴミとして、有料の燃えるゴミ袋に入れて捨てましょう。
    リサイクルボックスが見つからない場合75リットル程(1880ウオン程度)の地域指定の燃えるゴミの袋をコンビニなどで購入して、燃えるゴミとして出せば大丈夫です。

     

  7. ほっかいろ

    韓国はとても寒いと思ってホッカイロを大量に持ってくる人が多いですが、全く使用せず捨てて帰る人が多いです。
    部屋はオンドルでぽかぽか、外に出ても室内は暖かいし、ロングダウンコートのぺディングを着ると、そんなに寒く感じません。買おうと思えば韓国でも売ってますので、持ってくる必要もあまりないと思います。

  8. 韓国でしか買えない?冬の必需品ぺディングコート

    韓国の冬は寒いです。韓国では2017年頃からぺディングというロングダウンコートが流行っています。
    このロングダウンコートは安いと7,8万ウオン程度の物もありますが、メーカー物は30万ウオン以上します。
    少し高いですが、韓国では冬の必需品です。現地滞在の日本人が帰国時に中古で売ってる事も多いです。韓国で冬を過ごす方は、韓国に来てぺディングコートを購入しましょう。

日本から韓国へ準備していくべき物

  1. 衣類
    衣類は個人の好みがあるので、自分の服を持っていったり、韓国現地で揃えてもどちらでも良いと思います。ユニクロは韓国にもありますので、韓国でも購入可能です。
  2. 生理用品(女性)
    生理用品の質はやはり日本の方が良いと思います。特に軽い日の昼用がなかなか現地ではみつかりません。ただ、生理用品はかさばりますので、定期的に持って来たり、日本から送ってもらったりした方が良いと思います。
    しかし韓国でも日本の生理用品が売られるようになってきており、特にオリーブヤングではソフィーボディーフィットをセールしてる事が多いので、ソフィーボディーフィットなら日本と同じくらいの金額で現地調達できます。
  3. 常備薬
    万が一のため日本から常に飲んでいる薬をもっていくのは良いと思います。韓国では日本の薬を購入する人が多いです。特にパブロンや大田胃酸が人気です。現地の薬よりも何か効くものがあるのでしょう。
  4. 変換プラグ

    海外対応の電化製品や、パソコンや携帯の充電器を日本から韓国へ持っていっても、韓国と日本はプラグの形が違うため使用できません。その場合変換プラグを使って使用します。韓国でも変換プラグは購入できます。1つ1000ウオンくらいです。しかし入国当日ばたばたしていて買いにいけなかったり、隔離中で外にでられなかったり予定通りにはいかないものです。携帯の充電ができないと連絡もできないので、1つだけでも日本から持っていきましょう。ちなみにCタイプではなく、SEプラグをおすすめします。Cタイプはプラグが細いため、コンセントを指した時に隙間ができて、焦げたり火災に繋がる事があります。

  5. 歯ブラシ
    歯ブラシについては日本の歯ブラシの方が種類が多く、良い物が多いと感じます。韓国では歯磨き粉も蓋を下にして立てられるタイプが少ないため、また味も日本の物の方が良い物が多いため、日本で使用している歯ブラシや歯磨き粉があれば、嵩張らないので余裕を持って日本から持って行く方が良いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ

 

Follow me!

広告
PAGE TOP