韓国での留学先やワーホリが決まり、次にしなければいけない事はやっぱり家探しですよね。住まいが無いと何もできません。家探しにには時間を費やしたいと思う方も多いでしょう。
韓国では下宿やワンルーム賃貸もひと月前に退去の意思を伝えるのが一般的になってます。なので、どんなに前もって準備したくても、基本的にひと月前くらいにならないと、空き状況がわかりません。入居予定日のひと月以上前に不動産事務所を訪れても、殆ど「また来てね」と言われてしまうでしょう。仕方の無いことなのです。早く決めないと不安ではありますが、逆に早く調べ始めて気に入った物件があっても、時期が合わず契約できなかった場合、とても残念な気持ちになります。なので、あまり早い時期から動くが良いというわけでもありません。
家探しを始めるのであれば、ひと月前からで充分です。即入居で探される場合、極端な話、入る2,3日前でも大丈夫です。
住まいを決めないで、韓国に入国して即入居??怖くてできない!という方も多いでしょう。確かにそうです。しかし、時期を間違えなければ意外とどうにかなってる事が多いです。
時期とは、新村周辺でいえば大学の新学期にあたる時期です。
韓国の大学は毎年3月に前期課程がスタートします。後期は9月スタートです。なので、2月と8月は韓国人も家探しにうごくため、人気のある物件は早い時点で契約されてしまいます。この時期は即入居での家探しは避けた方が良いです。人気ない物件しか残っていません。
しかし、逆に韓国人大学生が休みに入る7,8月、1,2月は韓国人大学生が実家に帰ったり、短期留学に行ったりで部屋を引き払います。よって部屋が空きやすい時期になります。この時期は即入居でも部屋が探しやすいですし、短期も快く受け入れてくれます。(ワンルームは厳しいです)
話が少しズレてしまいましたが、韓国での家探しのタイミングは入居予定日のひと月前くらい、時期によっては直前でも大丈夫です。
しかし、そんな不安で仕方ない!留学前に韓国に旅行行くから部屋をみたい!という方もいらっしゃるかと思います。
下宿やコシテルであれば心優しい大家さんが多いので、サンプルで見せてくれる事もありますので、お問い合わせください。
その場合、事前見学お手数料がかかります。