日本では一人暮らしといえばアパートですが、韓国ではアパートというと

日本でいう3LDK,4LDKのファミリータイプのマンションの事を言います。

韓国のアパートの相場は地域によって全然違いますが

日本人留学生が集中する新村周辺のアパートの価格は新築なら5億ウオンから9億ウオン

中古でも4億ウオンはふつうです。中古でも値段はどんどん上がっていきます。

 

賃貸で借りるとすると、保証金は5000万ウオンは必要で家賃も広さによりますが120万ウオンくらいします。

契約期間も2年は必須になりますし、家具は全くそろってないので

留学生が契約するのはまず難しいです。

いわゆる日本のアパートという物件は、韓国では「ワンルーム」(원름)になります。

1K物件は「分離型ワンルーム」(분리형 원룸)です。

2DKや2LDK は「ツールーム」(투룸)です。

新村周辺は学生街なので、圧倒的にワンルームが多いです。

家賃相場は保証金500万ウオンで家賃50万から60万ウオン。契約期間1年が必要な物件が多いです。

日本のように敷金や礼金はないですが、保証金で500万ウオン(50万円程)の大金が必要になります。

なぜ、保証金が必要なのでしょうか?

家賃を滞納する人、1年契約しても守らないで退去しようとする人、部屋のオプション等を壊したり、売ってしまう人など、いろんな人がいるので、保証金を受け取らないと、大家さんも安心して部屋を貸し出せないのです。

しかし保証金さえあれば、面倒な審査や保証人も必要ありません。賃貸人がどこで働いて何しているなんで

何も干渉しません。家賃さえしっかり確保できれば大家さんは何にも言いません。

しかし、保証金を準備する余裕がない。1年も契約できないというのが

語学留学生の大部分を占めると思います。

その場合は短期でも滞在可能で、保証金も必要ない「下宿」「ワンルーム下宿」「コシテル」をおすすめします。

下宿は朝晩食事が提供されるので食費節約になります。

コシテルやワンルーム下宿は部屋にトイレシャワーが備わっているため、他人との共同使用が無理という方にもおすすめです。