韓国への留学。最近は語学堂の授業料も上がってきましたよね。10週間で150-170万ウオンもします。(しかし、月曜日から金曜日まで1日4時間みっちりですから、週3,4回で1日2,3時間の語学スクールよりはかなり学べると思います)

韓国の代表的な留学先といえば、ソウル新村に位置する延世大学韓国語学堂です。私もここに3学期(9ヶ月間)留学しました。課題が多くて本当に本当に大変でしたが、頑張りました。その甲斐あって、4級から5級に上がる時に、奨学金をもらうことができました。確か当時は学費の4分の1程度だったので、(もっと貰った人いたかもしれませんが;;)40万ウオン弱だった気がします。当時は学費も150万ウオンくらいでした。現在、奨学金は学費170万ウオンの半額ほどだそうです。そうすると結構な金額になりますよね。

延世大学語学堂で奨学金をもらえる基準としては、当時も今も余り変わっていないようで、

①二学期以上通う学生(既に次の級へ進級確定)

②遅刻しない。欠席しない。(勿論無遅刻無欠席がベストです)

③各級成績上位者。(5パーセント程)

ということで、真面目気質の日本人にはとても取りやすい基準となります。もちろん試験勉強(というか普段から)は頑張らなければなりません。

韓国語と日本語は単語や文法が似ているので、日本人には比較的学びやすい語学です。毎日きちんと授業を聞いて、復習し、宿題課題をこなせば、留学中での奨学金は決して無理なハードルでは無いと思います。

現在、韓国の延世大学語学堂に留学している日本人の方の3分スピーチの原稿をチラッと見せてもらったのですが、韓国に来られて半年で、とても立派な文章を書いていました。間違ってるところもほぼありませんでした。延世大学のスパルタ授業で努力されてるからこそ、かなりのスピードで韓国語が上達しているのだと思います。勿論、奨学金も受け取られていましたよ。

これから延世大学語学堂に留学される皆さんも、頑張って奨学金GETを目指してみてはいかがでしょうか?