韓国 3月22日から4月5日まで2メートルの社会的距離引き続き維持 

海外からコロナ19感染者の流入が相次ぐ

最近韓国でも海外からの入国者が感染するケースが増えています。特にヨーロッパからの帰国者、入国者の感染方向があとを絶ちません。

現時点で海外から韓国への入国者で感染していたのが50名。そのうち22名がヨーロッパからの入国者です。

韓国3月22日からヨーロッパの全ての国からの入国者へ特別入国手続き開始

韓国では3月22日からヨーロッパの全ての国からの入国者へ特別入国手続きを取り始めました。この特別入国手続きによって沢山の感染者が見つかっています。空港で確認取れた場合、即医療施設へ移送になるので安心です。

特にヨーロッパからの入国者に関しては、空港から隔離施設へ移動し1泊しながら結果を待ちます。陰性の場合14日の自宅(または滞在先)隔離、陽性はそのまま病院へ移送です。
日本よりかなりしっかりしています。現在韓国国内でのコロナ19新規感染者は2日連続で100人を下回り、完治した人は1000人を超えました。

人と人との社会的距離(2メール)の維持継続

韓国政府は海外からの入国者の感染者が増えている事を考えて、社会的距離を保つ事を緩和してはいけないと再度発表しました。

携帯電話にも「各自2メートルの距離を保つこと、室内活動、集会、宗教活動の引き続き自粛」と連絡がきました。かなり強い指示です。違反するとペナルティーもあるようです。

ここが踏ん張り時ということですね。

韓国政府は本当に頑張っていると思うので、このように政府から指示してもらえば、従います。従いましょう。

韓国はもう春です。はやくコロナが終わって本当の春が来ますように。

MBCニュース