新聞記事 韓国語を学ぶ 気候同行カードで月3万ウォン節約 | Koreaル通信(旧テソン不動産)

新聞記事 韓国語を学ぶ 気候同行カードで月3万ウォン節約

気候同行カードとは

気候同行カード(기후동행카드)とは?

ソウル市の地下鉄やバスが30日間乗り放題になる公共交通機関統合定期券
62,000ウォンと65,000ウォンの2種類があり、65,000ウォンはレンタル自電車にも使用できる。

関連記事
読み込み中... 読み込み中...

韓国では一般的に職場から交通費の支給はありません。
地下鉄やバスの運賃も最近はかなり値上げされました。
毎日公共交通機関を使う人達にこの「気候同行カード」はかなり重宝されているようです。

気候同行カードの新聞記事を読む

<2024年6月27日매일경제より>

기후동행카드 이용자 月교통비 3만원 아껴

기후동행카드는 기후위기 대응과 시민 교통비 부담 완화라는 두 가지 목적을 한 번에 달성하기 위해 서울시가 지난 1월 도입한 대중교통 정기권이다.

이용자는 월 6만5000원(따릉이 미포함 시 6만2000원)으로 서울시내 지하철, 버스, 공공자전거 따릉이까지 무제한으로 이용할 수 있다.

현재 누적 판매량은 약 160만장이며 평일 평균 이용자는 54만명에 달한다.

시가 기후동행카드 이용자 2823명을 대상으로 실시한 설문조사에 따르면 이들이 월평균 절감한 교통비는 약 3만원이다.

연령대별로는 60대가 3만5000원으로 가장 많았고 이어 50대(3만1000원), 20대(2만9000원), 40대(2만8000원), 30대(2만7000원) 이었다.

하루 평균 기후동행카드를 이용한 횟수는 3.4회다.

시는 기후동행카드 시범사업을 마치고 다음달 1일 본사업을 시작하면서 단기권을 새로 출시하고 디자인에도 변화를 준다.

記事を解読する

기후동행카드 이용자교통비 3만원 아껴


이용자 利用者
교통비 交通費
아끼다 お金や物を無駄に使わない事
日本語訳

気候同行カード 利用者 月交通費 3万ウォン節約


기후동행카드는 기후위기 대응과 시민 교통비 부담 완화라는 두 가지 목적을 한 번에 달성하기 위해 서울시가 지난 1월 도입한 대중교통 정기권이다.

기후 気候
위기 危機
대응 対応
부담 負担
완화 緩和・軽減
가지 「種類」や「タイプ」という意味。
「두 가지」⇒「2種類」、「세 가지」⇒「3種類」
달성 達成
위하다 ために ~기 위해서   ~するために
도입하다 導入する
정기권 定期券
日本語訳

気候同行カードは、気候危機への対応と市民の交通費負担の軽減という二つの目的を一度に達成するために、ソウル市が今年の1月に導入した公共交通の定期券だ。


이용자는 월 6만5000원(따릉이 미포함 시 6만2000원)으로 서울시내 지하철, 버스, 공공자전거 따릉이까지 무제한으로 이용할 수 있다.

미포함含まない 
공공公共
무제한無制限
日本語訳

利用者は月65000ウォン(タルンイを含まない場合62000ウォン)でソウル市内地下鉄、バス、公共自転車タルンイまで無制限に利用することができる。


현재 누적 판매량은 약 160만이며 평일 평균 이용자는 54만명에 달한다.

누적累積
판매량販売量
평균平均
日本語訳

現在累積販売量は約160万枚であり、平日平均利用者は84万名に達する。


시가 기후동행카드 이용자 2823명을 대상으로 실시한 설문조사에 따르면 이들이 월평균 절감한 교통비는 약 3만원이다.

대상対象
실시하다実施する
설문조사アンケート調調査
에 따르면~によると
절감하다節約する
日本語訳

市が気候同行カード利用者2823名を対象に実施したアンケート調査によると、彼らが月平均で節約した交通費は約3万ウォンだ。


연령대별로는 60대가 3만5000원으로 가장 많았고 이어 50대(3만1000원), 20대(2만9000원), 40대(2만8000원), 30대(2만7000원) 이었다.

연령대별年齢代別
日本語訳

年齢別には60代が35,000ウォンで一番多く、続いて50代(31,000ウォン)、20代(29,000ウォン)、40代(28,000ウォン)30代(27,000ウォン)の順だった。


하루 평균 기후동행카드를 이용한 횟수는 3.4회다.

횟수回数
日本語訳

一日平均気候同行カードを利用した回数は3,4回だ。


시는 기후동행카드 시범사업마치고 다음달 1일 본사업을 시작하면서 단기권새로 출시하고 디자인에도 변화를 준다.

시범사업試験事業
마치다終わる
시작하始める
면서~ながら
단기권短期券
새로新しく、新たに
출시하고リリースする
日本語訳

市は気候同行カードの試験事業を終え、来月1日に本事業を始めるにあたり、短期券を新たに販売し、デザインにも変化を加える。

まとめ

・気候同行カードは、ソウル市が導入した公共交通定期券目的
・気候危機対応と市民の交通費負担軽減
・月6万5000ウォンで地下鉄、バス、自転車を無制限に利用可能
・累積販売量160万枚
・7月から本事業開始

観光客向け気候同行カード(フリーパス)短期券もある

気候同行カード短期券
  • 2024年7月1日から外国人観光客、短期滞在者向けに販売開始
  • ソウル市の地下鉄・バスが乗り放題
  • ソウル観光プラザ観光センター、明洞観光情報センター、ソウル地下鉄駅周辺のコンビニ等で現物カード購入可能
  • ソウル地下鉄駅でチャージ可能

短期券料金

1日券5,000 KRW
2日券8,000 KRW
3日券10,000 KRW
5日券15,000 KRW
7日券20,000 KRW

韓国人向けに30日フリーパスは大好評で、外国人観光客や短期滞在者向けにも販売が開始されます。ソウル市内の地下鉄は1400ウォンなので、1日に4回以上公共交通機関を使う場合にはかなりお得になります。
更にこの気候同行カードを持っていると、ソウル市立科学館や、ソウル大公園の入場料割引など、文化公園施設への割引特典が適用されるそうです。

関連記事
image
新聞記事 韓国語を学ぶ 전국이 펄펄 …주요 해수욕장 속속 조기 개장 2024年6月24日매일경제신문

ライター紹介 Writer introduction

内田真知子

韓国在住14年目。ソウル新村(シンチョン)に位置する女性専用シェアハウスDODORE HOUSEを運営しています。また短期可能なコシテルや下宿やシェアハウスをご紹介しています。(ワンルーム、オフィステルは担当しておりません)

page top