愛の不時着 OST「노을 (ノウル)」歌詞と意味

愛の不時着はドラマとは思えない程、たくさんのOSTが使用されています。全てのOSTが素敵な曲なのですが、
この「노을(のうる)」も何とも言えず切ない思いを歌う素敵な曲です。
広告

愛の不時着 OST「노을 (ノウル)」と名場面

モンゴルの草原で撮影されたというこの代表的なこの場面。

空港へ旅立つ日、セリとジョンヒョクが別れの挨拶をする場面
「리정혁씨는 아니겠지만, 난 보고싶 을 것 같애요(リジョンヒョクさんはそうじゃないだろうけど、私は(リジョンヒョクに)会いたくなると思います」とセリがある意味告白をしたシーン。

銃で撃たれて病院に運び込まれたジョンヒョクの上着から落ちた自分の写真をセリが見つける場面

国家情報院にて対面調査中、ジョンヒョクがわざとセリに冷たくする場面

集中治療室にいるセリをジョンヒョクがひたすら見守る場面

愛の不時着 OST「노을 (ノウル)」意味

「노을(のうる)」とは「夕焼け」です。

夕焼けがきれいです。「노을이 예뻐요」
夕焼けがきれいだね。「노을이 예쁘네요」
夕焼けがきれい~「 노을이 예쁘다~」
夕焼けがきれい「노을이 예뻐」

広告

愛の不時着 OST「노을 (ノウル)」歌詞

아무あむ 하지らじ 않아도あなど
그대くで ぬん빛을ぴちゅる 보면ぽみょん
전해지는ちょんへじぬん 시린しりん 마음まうm
깊게きっけ 잠긴ちゃんぎん 목소리もくそり
옅은よとゅん 미소みそぬん
きん 하루はる 보여주네ぽよじゅね
지친ちちん 모습도もすbど 보이고ぽいご 싶지しっち 않아서あなそ
애써えそ 웃는うぬん 알아あら
なん 항상はんさん 자리ちゃり예요えよ
어김おぎ없이もぷし 찾아올ちゃじゃおる 보랏빛 ぼらっぴ노을のうる처럼ちょろん
비록ぴろっ 품이ぷみ 좁더라도ちょっとらど 안아あな줄게요ちゅrけよ
그대くで 없는おんぬん 순간すんがん마다まだ
느껴지는ぬきょじぬん 빈자리ぴんちゃり
차오르는ちゃおるぬん 공허こんほはm
몰아치는もらじぬん 빗소리ぴっそり
거친こちん 바람에도ぱらめど
넓은のrぶん 그늘이くぬり 되어주네ておじゅね
어떤おっとん 아픔도あっぷんど 들키고とゅrきご 싶지しっち 않아서あなそ
애써えそ 웃는うぬん 알아あら
なん 항상はんさん 자리ちゃり예요えよ
어김おぎ없이もぷし 찾아올ちゃじゃおる 보랏빛 ぼらっぴ노을のうる처럼ちょろん
비록ぴろっ 품이ぷみ 좁더라도ちょっとらど 안아あな줄게요ちゅrけよ
안녕あんにょん 내가ねが 안아あな줄게요ちゅrけよ 편히ぴょに 쉬어요しおよ

愛の不時着 OST「노을 (ノウル)」解説

  아무あむ 하지らじ 않아도あなど

아무 何も
말하지 않아도 言わなくても
   

그대くで ぬん빛을ぴちゅる 보면ぽみょん

그대 君、あなた
눈빛을 直訳=目の光 目つき
보면 見たら、見れば

  전해지는ちょんへじぬん 시린しりん 마음まうm

전해지는 전해지다 伝わる
시린 冷たい、悲しい、寂しいというイメージ
마음 気持ち、こころ

깊게きっけ 잠긴ちゃんぎん 목소리もくそり

깊게 깊아 深い  깊게深く
잠긴 잠기다ロックする、鍵をかける 
목소리 声=목소리 잠긴목소리は風邪を引いて喉が痛くて声がうまく出ない時に使う

옅은よとゅん 미소みそぬん

옅은 옅다 明るい
 그 その
미소는 笑顔は

きん 하루はる 보여주네ぽよじゅね 

길다 長い
하루를 一日を
보여주네 보여주다 見せてくれる

지친ちちん 모습도もすbど 보이고ぽいご 싶지しっち 않아서あなそ

지친 疲れる 힘들다よりも強い
모습도 姿も
보이고 싶지 않아서 보이다 +~고 싶지 않다+아서 見せたくなくて

 


애써えそ 웃는うぬん 알아あら

애써 애를 쓰다 神経を使う、気を使う
웃는거 웃다 笑うの
全て
알아 知ってる

なん 항상はんさん 자리ちゃり예요えよ

私は
항상 いつも、常に
この
자리예요 場所 自分の居場所

어김おぎ없이もぷし 찾아올ちゃじゃおる 보랏빛 ぼらっぴ노을のうる처럼ちょろん

어김없이 間違いなく
찾아올 찾아오다 (季節などが)必ず来る事、訪ねてくる、
보랏빛 紫+光
노을 夕焼け
처럼 みたいに

비록ぴろっ 품이ぷみ 좁더라도ちょっとらど 안아あな줄게요ちゅrけよ

비록 たとえ
私の
품이 身体の胸のあたりの事
좁더라도 좁다 더라도 狭いとしても
안아줄게요 안아준다  抱きしめてあげる
広告

그대くで 없는おんぬん 순간すんがん마다まだ

그대 あなた、君
없는 いない
순간 瞬間
마다 ~時いつも(whenever)

느껴지는ぬきょじぬん 빈자리ぴんちゃり

느껴지는 感じる
빈자리 空いてる場所、空いてる席等 

 


차오르는ちゃおるぬん 공허こんほはm

차오르는 <感情が心の中でどんどん大きくなっていくこと>
공허함 공허空虛  함感

몰아치는もらじぬん 빗소리ぴっそり

몰아치는 몰아치는 비 豪雨のような雨
빗소리 雨の音

거친こちん 바람에도ぱらめど

거친 바람

(台風は暴風のような)荒い風
거친 바람 天気予報で使われたりする
에도 ~でも

넓은のrぶん 그늘이くぬり 되어주네ておじゅね

넓은 広い
그늘이 (直訳)守るための障害物
되어주네 なってくれるね

어떤おっとん 아픔도あっぷんど 들키고とゅrきご 싶지しっち 않아서あなそ

어떤 どんな
아픔도 痛みも
들키고 싶지 않아서 知られたくないから

애써 웃는거 알아 気を使って笑ってるの全部知ってる
난 항상 이 자리예요 私はいつもここにいる
어김없이 찾아올 보랏빛 노을처럼 必ず訪れる紫の夕焼けのように
비록 내 품이 좁더라도 안아줄게요 たとえ私の胸が小さくても、抱きしめてあげる

안녕あんにょん 내가ねが 안아あな줄게요ちゅrけよ 편히ぴょに 쉬어요しおよ

안녕 あんにょん
내가 私が
안아줄게요 抱きしめてあげる
편히 楽に
쉬어요 休んで

ジョンヒョクがセリを思う気持ち、セリがジョンヒョクを思う気持ち、どちらにも当てはまる歌詞です。

Davichi(다비치)の歌声が更にドラマを盛り上げてくれますね。
  

 


韓国ドラマランキング

Follow me!

広告
PAGE TOP